リフォームについてのいろんなことを知ろう!

知ってて損はない!補助金情報

介護保険制度を利用しよう

バリアフリーの家へのリフォームをお考えで、尚且つ県や市から要介護などの認定を受けているご家族がいらっしゃる方はお得な情報があります。
ご家族に「要支援」や「要介護1~5」の状態の高齢者をお持ちの方は、介護保険制度が使えるパターンがあります。
ただし、自治体ごとに限度や内容が違うことがありますので、事前に担当のケアマネージャーにご相談するのが得策でしょう。

また、太陽光発電システムなどの省エネ関係のリフォームをお考えの方は、自治体ごとに補助金が入ることがあります。
だいたい金額にすると5~20万円ほどになるでしょう。
ただこれも、年度ごとに異なるので事前の調査をお忘れなく。
そして、早い者勝ちですので早めの応募が必要です。

減税されるケースも

ここ最近にリフォームをされた方の多くが恐らくこのパターンを利用しているであろうお得な制度をお知らせします。
それは「リフォーム減税」です。
ある一定の工事を行い、一定の条件を満たすとこの対象になる可能性があります。
その工事とは前出のバリアフリーリフォームや省エネリフォーム、そして震災以後に急増した耐震リフォームなどが挙げられます。
一括払いだと最大で20~25万円が控除されたり、ローンでも5年間で最大60万円ほどが減税の対象になります。

また、毎年請求が来る固定資産税の軽減もあり得ます。
確かに結構な額なので軽減されるとありがたいですよね。
しかし、こちらも年ごとに内容が変わることがあるので、事前の調査をオススメします。


この記事をシェアする